日本のヴィーガン広告塔 ヴィーガン男子さんの京都講演会に参加してみた

先日10月13日に京都伏見区のVegan Cafe and Restaurantにて行われた、ヴィーガン料理を楽しみながらその理解を深めるイベントに参加してきました!主催はヴィーガン男子さん。   ヴィーガン男子って誰? 写真右のムキムキなイケメンです。現在沖縄在住のアメリカ人、お名前はダンテさんというYoutuber。動画、ブログ、講演会、クラウドファンディングを使ってヴィーガニズムを日本に広めようと日々努めてらっしゃいます。ちなみにお隣は彼の活動を支えるパートナー。   活動はすべて日本語で行っており、その理由は日本でのヴィーガンに対する意識が特に少なく、ネット上でのヴィーガンに関する英語の情報は既に氾濫しているという主に2点です。日本語はもちろんその人への接し方は、一般の日本人よりも礼節をわきまえていて、実際に会ってみて肌で感じました。     講演会の内容 3時間のうち1時間半はプレゼンと質問タイム。残りはヴィーガン料理を楽しんだり、VRを使った屠殺場の疑似見学が行われました。(関係ないですがこの「とさつじょう」という言葉はPCで変換しようとしても出てきません)   プレゼンには壁にプロジェクターで映しながら進行されました。内容に関しては彼のYoutubeチャンネルを見てみると同じ事が分かりやすく解説されている。とても流ちょうな日本語に驚くことでしょう。     イベント参加者のほとんどは盛んにダンテさんに対して質問を投げかけていた。「楽器に使われている動物性のものはどうなのか」「家族にはどのように説明すればいいのか」など、これからヴィーガンになりたい人がほとんどでした。   中には大学でのサークルでヴィーガンを日本に広める活動をする学生が、彼に助言を求めたりもしていた。参加者全般なかなか個性の強い人が集まっていた印象でした。   ヴィーガンを広める活動をしている純日本人Youtuberなどもいる事はいますが、実質ほぼいないと言っていいでしょう。日本で活動する人が「やはり彼のような外国人」であるということは、この国のヴィーガンに対する意識の低さが象徴されているように感じます。   ヴィーガンに関する書物がないことも同じですね。日本で見かけるもののほとんどは翻訳されたもので、興味を持った日本人も英語が使えなければ今世界で起きているヴィーガン論争などの「生の情報」を手に入れることは難しいでしょう。     最後に、普段ブログは英語で書いていますが、彼がせっかく日本での活動をしているのでその力に少しでもなればなと思い日本語で発信してみました。興味のある方は下記の彼の発信メディアを見てみてください。     ヴィーガン男子(ダンテ)さんについてはこちら ・Youtubeチャンネル ・Facebookページ ・Twitterページ ・運営ブログ「ベジワールド」 ・彼の活動を応援したいなら「CAMPFIRE」   会場になったVegan Cafe and Restaurantさん もともと焼き肉屋というヴィーガンとは正反対のお店を営んでいた店主が、一念発起してこのお店を変えたそうです。HPはこちら ⇒ Vegan Cafe and Restaurant       最後まで読んでいただきありがとうございます。        

ぼくたちは習慣で、できている

ミニマリストの佐々木典士さんの新作「ぼくたちは習慣で、できている」のレビューキャンペーンに応募したら幸運なことに先着100名以内に入って発売日前に届きました!発売は明日6月14日。まずはワニブックスさん、ありがとうございます。     人生で初めてこういうのに応募しました。またそれが出版前の「本」だというのだから驚きです。数年前の僕なら考えられなかった・・・。本なんて何が楽しくて皆読んでるんだなんて思ってたけど、佐々木さんの前作「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を読んだのをきっかけになぜかは分からないが、今はいろんな本を読むのが習慣になりました。     新作のテーマはまさにその「習慣」に関して。習慣の自己啓発本は世の中に結構な数ありますがそんな中、佐々木さんの新作の内容は4章構成でこんな感じ↓     ①意志力は生まれつき決まっている? ②習慣とは何か? ③習慣を身につけるための50のステップ ④ぼくたちは習慣で、できている     内容を超簡単にまとめると、     「習慣」に関する本・格言・データなどを集結させ、佐々木さん自ら実践した経験を詳細に重ねてとても理解しやすく習慣を自身でコントロールする方法を紹介した本     という感じでしょうか。わかりづらかったらすみません。     要は・・・     「習慣」に関する本に興味がある人は、とにかく迷わずこの本を読んでおけば間違いないと思います。       前作もそうですが、僕が好きな佐々木さんっぽさっていうのは、自信満々に「これはこうゆうことだからこうすればいいんだよ」と訴えてくる感じの本と違って、「ぼくはこんなだめだったけど、こういうのを見てこう考えてこうしたらこんなにうまくいったよ」と、読者と同じもしくはそれより下の目線での成長記という感じがして非常に入ってきやすいです。   色々な習慣に関する本、天才(と呼ばれている人達)の言葉、習慣に関するデータなど。重要なところだけを上手くまとめて「要はみんなこういうことが言いたいので、自分の実践・体験など踏まえてこの50メソッドをやれば間違いない」というのだから有難いです。それは単なる「まとめ」ではなく、著者が自身で手に入れた「習慣を身につけたその先にある本当の幸せ」がこの本に深みを出しています。成長記という感じで非常に入ってきやすく、メソッドも具体的で個々の生活にあてはめやすいです。   ミニマリズムの後に習慣にたどり着いたのは運命だと佐々木さん本人は仰っています(どこかにたしか書いてあったような)が、どこかそれが必然だったように感じます。ミニマリズムでお金とモノのコンプレックスから解放され、習慣で努力と才能のコンプレックスから解放される。それが割と自然な流れなのかもしれません。     故に、前作の『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』と合わせて読む事をおすすめします。この新作自体が著者の人生第2章であり、流れが更に掴みやすくなります。習慣をコントロールしたいと思う方はまずミニマリズムで身軽になってからの方が確実に楽です(本中にも書いてありますが)。   本自体の紙質もこだわりがあるらしく、ボコボコのディンプルみたいな材質もあってかっこいいのでちょっと読むテンション上がります(笑) しばらくはバイブルとして定期的に読み返して、習慣コントロールが根付いた先には周りへ広めて、最終的に自分なりの新しいメソッドも見出せればいいなと思います。     自分の習慣をコントロールしたい方、是非読んでみてはいかがでしょうか? 習慣のみならず幅広く学べる一冊、おすすめします。       広告の貼り方わからないので、Amazonで購入したい方はこちらから飛べます。     前作はこちら。     佐々木典士さんのブログ  Minimal … Continue reading ぼくたちは習慣で、できている

FOCUS – “I Keep Moving Forward”

Interviewee  -  Alex from Sweden, 20, living in Kyoto city     How Did You End Up Living In Japan? どうして日本に住むことに?   I got interested in Japan originally because I liked watching anime/listening to Japanese music when I was small. Through that, I got generally interested in culture and the history. And I've decided to … Continue reading FOCUS – “I Keep Moving Forward”